相続・遺言のご相談なら広島最大級の

広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

相続人が遺留分を侵害されたとして、遺留分を請求する権利遺留分減殺請求権(イリュウブンゲンサイセイキュウケン)と言います。
もし、あなたが被相続人の財産を相続したとして、相続人から遺留分を請求されたらどうすれば良いのでしょう。

原則として、遺贈を受けた者は、あなた以外の相続人に法律上与えられた最低保証である遺留分を請求された場合、その分を渡さなければなりません。
たとえその相続人が、被相続人が存命時に、全く関与していなかったとしても、遺留分は相続人に認められた正当な権利ですので、請求されたら拒めません。

遺留分の減殺請求がなければ、あなたがそのまま全部をもらって問題はありません。

 

あなたが相続人で、被相続人と相談して遺言を作成する場合、遺留分を侵害する内容の遺言は、遺留分減殺請求を受ける可能性があることをしっかりと覚えておきましょう。
できれば遺留分侵害する遺言は避け、どうしても遺留分を侵害する内容の遺言をする場合は、遺留分を巡る紛争への対策を考えておく必要があります。

遺留分を請求された場合の対応は、専門家である弁護士に相談するのが良いと思います。

 

◆◆◆無料相談実施中◆◆◆
弁護士へのご相談前に、相続アドバイザーがお話をお伺いすることもできます。
お気軽にお電話ください。

「遺留分の問題」目次

  1. 遺留分の問題
  2. 遺留分を減殺請求するには
  3. 遺留分を減殺請求されたら
  4. 遺留分を減殺請求されないために

広島の相続・遺言相談は縮景園駅すぐの山下江法律事務所へ

閉じる