相続・遺言のご相談なら広島最大級の

広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

遺留分を請求するには、相続開始および減殺すべき贈与または遺贈があったことを知った時から1年以内にしなければなりません。
請求先は、 贈与などを受けて遺留分を侵害している相手方に請求をします。

また請求は、相続開始より10年で消滅します。間があいてからの減殺請求は、後々のトラブルに発展することが多いので、できるだけ早く請求しましょう。

遺留分減殺請求の注意点

遺留分の減殺請求をする場合は、必ず内容証明で請求されることをお勧めします

内容証明できちんと証拠にしておかなければ、後に、遺留分減殺請求をしたのかどうかで争うことになりかねません
遺留分減殺請求をして、相手が返還に応じてくれれば良いのですが、 殆どは簡単には応じてくれません

このような場合には、家庭裁判所で調停、審判ということになります。
弁護士としての経験から言うと、遺留分減殺請求をする場合は、殆どが揉め事になりますので、ある意味では揉める事は覚悟が必要と言えるかも知れません。

その意味からも、遺留分減殺請求をする際は、弁護士に相談した上で行うのが良いと思います。

 

◆◆◆無料相談実施中◆◆◆
弁護士へのご相談前に、相続アドバイザーがお話をお伺いすることもできます。
お気軽にお電話ください。

「遺留分の問題」目次

  1. 遺留分の問題
  2. 遺留分を減殺請求するには
  3. 遺留分を減殺請求されたら
  4. 遺留分を減殺請求されないために

広島の相続・遺言相談は縮景園駅すぐの山下江法律事務所へ

閉じる