相続・遺言のご相談なら広島最大級の

広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

相続税の申告や、相続した不動産の登記、預金や株式の名義変更など、すべての場面で遺産分割協議書の提出が必要です。

遺産分割協議書には、 誰がどの財産を取得したのか明確に記載します。プラスの財産だけでなく、マイナスの財産についても記載します。

遺産分割協議書には決まった書式はありませんが、全員の署名捺印が必要で、印鑑は市区町村役場に届け出た実印を使用します。
そして、印鑑証明書と一緒に使用します。

これに、相続人調査で集めた戸籍謄本相続人関係図を添付し、登記所や銀行などの預金を下ろす手続きをします。

遺産分割協議書の見本

遺産分割協議書の見本をご覧になりたい方は、下記をクリックしてください。

※詳しくはコチラ→ 遺産分割の種類と方法

遺産分割協議書の作り方についてご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

◆◆◆無料相談実施中◆◆◆

弁護士へのご相談前に、相続アドバイザーがお話をお伺いすることもできます。
お気軽にお電話ください。

「初めての相続」目次

  1. 初めての相続
  2. 法定相続とは
  3. 相続できる財産
  4. 遺産分割協議書の作成
  5. 遺産分割協議と調停

広島の相続・遺言相談は縮景園駅すぐの山下江法律事務所へ

閉じる